動脈硬化の判断に頸動脈エコー

高血圧症、高脂血症、糖尿病などで治療を受けている方は、定期的に動脈硬化の判断をした方が良いと思います。

具体的には、首にある左右の頸動脈にエコーの端子を当てて検査します。

放射線を使用しないので、体への害がありませんし、もちろん痛みもありません。

具体的には下記を検査します。

①動脈壁の厚さを測定(1.0mm未満が正常)

②プラークの有無

③血管内腔の狭窄率

プラークにも色々と種類があって、硬いプラーク、軟らかいプラークそして、血流でピクピク動いているプラークがあります。

この中で一番危険なのが、動いているプラークで、飛んで行って脳梗塞を起こす可能性があります。

この場合は抗血小板薬を内服して頂きます。

また血管の狭窄率も重要です。狭窄が強い所(血管の内腔が狭い)は、川と一緒で流れが速くなっています。

流速が150を超える場合は、狭窄率50%

流速が200を超える場合は、狭窄率70%

狭窄率が70~80%を超える場合は、血管の内膜剥離術やステント治療を行うことがあります。

当院でも、エコー検査専門の臨床検査技師による頸動脈エコ-検査を受けられます。

受けてみたいなと思われる方、どうぞご相談ください。

さいとうファミリ-クリニック

便秘でお困りの方へ

若い女性、ご高齢の方を中心に「便秘」でお困りの方は多いと思います。

便秘の症状は、「排便回数の減少」と「排便困難」に分ける事ができます。

● 排便回数の減少は、概ね排便が週3回未満の場合をいいます。

● 排便困難の症状は、排便時の過度のいきみ、排便後も便が残っている残便感などがあります。

便秘のメカニズムは、ストレス、加齢などの理由で腸の動きが遅くなり、便の移動に時間がかかり、体内に余計に水分が吸収され、便が固くなるのが原因です。

他にも、大腸がんなどの病気で腸管が狭くなって便が出にくい場合や、腸の動きを遅くする薬を服用している(抗コリン薬、抗パーキンソン薬など)、糖尿病、うつ病などでも便秘になります。

便秘を改善するにはどのようにしたら良いでしょう。

①便意を我慢しない。そのタイミングを逃すと、次の便意がいつくるかわかりません。

②ストレスをためない。1日1回はリラックスしましょう!

③1日15分~20分のウォーキングを!

それでも改善しない場合には、お薬を使います。

基本は「便を軟らかくする薬」と「腸の動きをよくする薬」の2種類のお薬を使います。

便を軟らかくする薬は、以前からある酸化マグネシウムや、小腸から水分の分泌を増やすお薬があります。

腸の動きをよくする薬は、以前からあるセンナが代表です。

最近では、1剤で「便を軟らかくして、腸を動かす」といった2つの効果を併せ持つお薬も出てきています。

便秘でお悩みの方は、どうぞご相談ください。

さいとうファミリ-クリニック

 

 

 

 

正しいお風呂の入り方

いよいよ6月で、梅雨の季節になりました。

湿度が高く、ジメジメしていると体も重く感じます。

そのような時は、お風呂にはいってリフレッシュすると良いと思います。

お風呂の温度は目的によって変更してください。

〇リラックスしたい、疲労をとりたい時  → 40℃以下がおすすめ

副交感神経が優位になり、おやすみ前に最適な温度です。

〇頭をすっきりさせたい、これから仕事、勉強をしたい時 → 41~42℃がおすすめ

交感神経を刺激するので、目が冴えます。

42℃以上の温度は、脱水状態になりやすく血栓ができやすくなるので危険です。

特に高齢の方は、慢性的に脱水になっているので、入浴してうっすら汗をかいたら入浴を切り上げるのが良いと思います。目安として、約10分程度。

また入浴前にコップ1杯のお水を飲んでから入浴されると、脱水予防になります。

楽しいリラックスタイムである入浴ですが、入浴方法を間違えると「脳梗塞」「心筋梗塞」などの事故がおきることがあります。

お風呂の事故は決して少なくありません。

正しい入浴方法を守って、鬱陶しい梅雨を乗り切りましょう!

 

さいとうファミリークリニック

熱中症、脱水症に注意!

5月も半ばになり、日中25℃を超える日が出てきました。

熱中症の予防に、適切に水分を摂取することが大事です。

特にご高齢の方は、慢性的な脱水症気味ですので努めて水分摂取してください。

目安としては、1日2Lです。これは食事全体を含めてとお考え下さい。

大体の目安で、「普通の食事+水分1Lで、合計2L」と考えて良いと思います。

水は飲みすぎることは基本的にはありません。

腎機能が極端に悪くなければ、余分な水分は尿として排出されます。

よく脱水予防には塩分の入っているスポーツドリンクが良いですか。と聞かれますが、よほど汗を大量にかかない限りは、普通のお水やお茶で十分です。

血圧の治療をしている方に塩分は大敵ですので、暑い中でスポーツしたとか、屋外作業をした時だけ例外的に、塩分が入ったドリンクを飲むのが良いでしょう。

さいとうファミリークリニック

沖縄で麻疹が流行しています

2018年4月25日現在、沖縄で麻疹(はしか)が流行しており、約70名の方が麻疹に罹患されています。

GWに沖縄旅行を計画されている方も多いでしょう。

沖縄県のHPに、沖縄にご旅行、出張の方々向けに <はしか情報> が出ていますので

ご参考になさってください。

特に、麻疹(はしか)に注意して頂くのは、ワクチン1回接種のみ(28歳~41歳)の方です。

2回接種している6歳~27歳の方はまず大丈夫と思います。

(しかし2回接種していても5%の方は、抗体がつかないといわれています)

42歳以上の方は、ワクチン接種が任意接種であった時代なので、ワクチン接種していない可能性が高いので罹患の可能性あります。

しかし50歳以上の方、特にご高齢の方は、ワクチンがなかったので、幼少期に「麻疹(はしか)」に罹患している可能性が高く、今後はしかに罹る可能性は低いと思われます。

抗体獲得には、ワクチン接種が必要なのですが、残念ながら麻疹(はしか)ワクチンは元々数が少ないので現在は欠品しています。

MR(麻疹・風疹)ワクチンは、大分少なくなっていますが、不定期には納品されています。

「沖縄に行く予定のある方」、「学校や職場で麻疹抗体値を調べて抗体陰性」と言われた方はどうぞご相談ください。

さいとうファミリ-クリニック

 

 

 

血小板が少ないと健診で指摘された

当院に上記のような訴えで来院されました。

基準値が15万~30万個 / μL のところを3万と言われたと慌てて来院されました。

血小板はご存知のように、止血に関係している大事な血球です。

血小板が少ないと出血しやすくなり、「紫斑」という紫色の内出血をおこす事があります。

この方の皮膚を診察しても「紫斑」はありませんでした。

その時にまず考えるのが「偽性血小板減少症」です。偽性の名の通り、血小板の数は正常です。

ではどうしてこのような事がおこるのでしょう。

採血では試験管に血液を入れますが、その時試験管内で血液が固まらないように抗凝固剤が入っています。

しかし、その抗凝固剤EDTAに血小板が反応して、血小板同士がくっついてしまう人がいます。

自動計測器で、血小板を数えるときに3つが1つにくっついていると、血小板の数が1/3になってしまうという訳です。

どのような人がEDTAに反応してしまうかは、わかっていません。

人口の0.07%~0.01%程度の頻度と言われていますが、私の印象ではもっと多いような気がします。

偽性血小板減少症の診断は、抗凝固剤をEDTAではなく、クエン酸やヘパリンに変更して採血を行います。

しかし、本当に血小板が少ない方もいます。

血小板減少性紫斑病(紫斑がはっきりしない事もあります)はピロリ菌感染と密接な関係があり、除菌する事で半数の人が血小板上昇するといわれています。

健診などで、血小板が少ないと指摘を受けた方はどうぞご相談ください。

さいとうファミリ-クリニック

 

 

 

あなたの頭痛、薬剤誘発性頭痛かもしれません。

頭痛に悩んでいる方は多いと思います。

頭痛の場合、まず最初に行うことは、命に関わる頭痛なのかどうかの判断です。

命に関わる頭痛のチェックポイントは以下の3つです。

1 ) 突然始まった頭痛

2) 今までに経験したことのない痛みの頭痛

3) どんどん痛みが強くなる頭痛

このうちの1つでもあてはまった場合は要注意で、医療機関受診をお勧めします。

上記の頭痛は脳出血、脳腫瘍などが考えられます。

では、命に関わらない頭痛はほっておいていいのでしょうか。

命に関わらない頭痛としても、片頭痛は、頭痛と激しい吐き気があり、動けない状態になります。

群発頭痛も、激しい頭痛があたかも群発地震のように、何度も繰り返しおきます。

これらは、医療機関で治療することで、かなり症状が改善することが期待できます。

頭痛の中で一番ポピュラーなものは、緊張型頭痛です。

首、肩、肩甲骨周りの凝り、眼の疲れから、頭蓋骨を覆う薄い筋肉が緊張して、筋肉内に発痛物質(乳酸やブラジキニンなど)がたまり、これが筋肉をギューと締めつけて、頭痛がおこります。

緊張型頭痛は首、肩のストレッチなどを行う、いわゆる頭痛体操で良くなります。

しかし、どうしても辛い時には鎮痛剤を内服するとよいでしょう。

鎮痛剤の使用の目安ですが、月10日以上は内服している場合は要注意です。

鎮痛剤を内服する事で、さらに頭痛を誘発してしまう事もあります。

その理由として、鎮痛剤を内服し続ける事で、痛みの閾値が下がり、痛みを感じやすくなるからと考えられています。

痛み感じる→鎮痛剤内服する→ 痛み閾値下がる → 痛み感じる という悪循環におちいってしまいます。

月10日以上、鎮痛剤を内服している方はどうぞご相談ください。

さいとうファミリークリニック