隠れインフルエンザって何?

インフルエンザが流行しています。

あらためて、インフルエンザの特徴をあげてみます。

インフルエンザの潜伏期間は短く、1-2日間で発症します。

接触感染と飛沫感染で感染しますが、大流行の場合はほぼ飛沫感染(空気感染)です。

症状は突然の高熱、咽頭痛、鼻汁、咳、全身倦怠感などの全身症状が強くでます。

突然38度~40度の高熱になる病気はいくつもないので、インフルエンザを診断する事はそれほど難しくないのですが、今年の傾向としてあまり熱がでず、ほかの全身症状もほぼないというインフルエンザが多く見られます。

TVなどでは「隠れインフルエンザ」と言われているようです。

「隠れインフルエンザ」といわれるタイプは、B型インフルエンザが多いです。

B型インフルエンザは、熱が低く、咳や鼻がでない代わりに嘔吐や下痢などの消化器症状を伴うことがあります。

さらに診断を難しくしているのはB型インフルエンザは、A型インフルエンザと比べてインフルエンザ迅速キット(鼻の中に綿棒を入れて鼻水で調べます)でも検出しずらいと言われています。

元々インフルエンザ迅速キットの感度は62.3%、特異度98.2%ですから、陽性ならばインフルエンザですが、陰性の結果が出てもインフルエンザではないとは言えないのです。

最終的には患者さんの訴え(普通の風邪とは違う感じがする)、周囲の流行具合(家族内で誰か発症しているなど)、診察所見(インフルエンザの方の咽頭後壁のリンパ濾胞の形は特徴的です)など総合的に評価してインフルエンザと診断しています。

この中で私が一番重んじているのは患者さんの訴えです。熱が36度台しかないのに医療機関を受診するという事は、ご自分の中で「普通の風邪とは何かちがう重症感」を感じているのだと思います。

いつもの風邪とは違う感じがした場合は、どうぞ医療機関を受診してください。

tuki2

今度の大雪すごかったですね!当院の前の道路も真っ白になりました。

さいとうファミリークリニック

 

 

ブログ引っ越しました。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、昨年末から「さいとうファミリークリニックのブログ」が、Wordpress に引っ越しました。

これからも、皆様のお役に立つような医療情報、クリニックからのお知らせ、私(院長)の近況 (笑)を書いていきたいと思います。

今年の個人的な目標は、フランス語会話を勉強してみたいと思います。

私は一応小学校から高校までフランス語を習い、大学の入学試験もフランス語で受験しています。当時、フランス語で入試を受けられる医学部はすごく少なくて苦労しました。

だからと言ってフランス語が話せるわけでもなく。。。

なので今年は少し喋れるようになりたいぁ。と思っております。

bou3

上の写真は昨年末の小中高の同級生4人のプチ忘年会の写真。

私以外はみんな語学が達者。商社マンの2人は、フランス語も英語も日本語と同じように話せますし、俳優の香川照之君も海外に行く機会が多いので英語、フランス語ともかなりできます。うらやましいですね。私も少しあやかりたいと思います。

それはともかく、子供の頃からの友達と会うと楽しいですね。

今年は、みんなで温泉に1泊旅行しよう!という事になりました。

あ、これも今年の目標ですね(笑)

さいとうファミリークリニック

 

寒気のする風邪に漢方薬が効果あり!

熱が出ないけれども、寒気がして、体がだるいといった風邪症状を経験した事がある方は多いと思います。

このような時はいわゆる総合感冒薬でもいいのですが、冷えた体を温めてあげる漢方薬の風邪薬が効果あります。

代表的なものは、冷えた生体を強力に温める「麻黄附子細辛湯」があります。

さらに今流行しているウイルス性胃腸炎にも漢方薬は効果あります。

倦怠感が強いが、熱も出ず、お腹も痛くありませんが、下痢があるというパターンですね。

このような冷えタイプの下痢は、温めて治すのが原則です。

冷えタイプのウイルス性胃腸炎には「真武湯」や「人参湯」が有効です。

これらの薬を飲んだ直後から、お腹が温まり、下痢嘔吐が減り、体が楽になってきます。
(プライマリケア学会誌2017 Vol2 No4より)

漢方薬は長く飲まないと効かないと思っている方も多いと思いますが、漢方薬も即効性があります。

味、匂いがどうしても苦手だという方以外は、一度試してみるのもいいかもしれませんね。

どうぞご相談ください。

さいとうファミリークリニック