熱中症、脱水症に注意!

5月も半ばになり、日中25℃を超える日が出てきました。

熱中症の予防に、適切に水分を摂取することが大事です。

特にご高齢の方は、慢性的な脱水症気味ですので努めて水分摂取してください。

目安としては、1日2Lです。これは食事全体を含めてとお考え下さい。

大体の目安で、「普通の食事+水分1Lで、合計2L」と考えて良いと思います。

水は飲みすぎることは基本的にはありません。

腎機能が極端に悪くなければ、余分な水分は尿として排出されます。

よく脱水予防には塩分の入っているスポーツドリンクが良いですか。と聞かれますが、よほど汗を大量にかかない限りは、普通のお水やお茶で十分です。

血圧の治療をしている方に塩分は大敵ですので、暑い中でスポーツしたとか、屋外作業をした時だけ例外的に、塩分が入ったドリンクを飲むのが良いでしょう。

さいとうファミリークリニック