動脈硬化の判断に頸動脈エコー

高血圧症、高脂血症、糖尿病などで治療を受けている方は、定期的に動脈硬化の判断をした方が良いと思います。

具体的には、首にある左右の頸動脈にエコーの端子を当てて検査します。

放射線を使用しないので、体への害がありませんし、もちろん痛みもありません。

具体的には下記を検査します。

①動脈壁の厚さを測定(1.0mm未満が正常)

②プラークの有無

③血管内腔の狭窄率

プラークにも色々と種類があって、硬いプラーク、軟らかいプラークそして、血流でピクピク動いているプラークがあります。

この中で一番危険なのが、動いているプラークで、飛んで行って脳梗塞を起こす可能性があります。

この場合は抗血小板薬を内服して頂きます。

また血管の狭窄率も重要です。狭窄が強い所(血管の内腔が狭い)は、川と一緒で流れが速くなっています。

流速が150を超える場合は、狭窄率50%

流速が200を超える場合は、狭窄率70%

狭窄率が70~80%を超える場合は、血管の内膜剥離術やステント治療を行うことがあります。

当院でも、エコー検査専門の臨床検査技師による頸動脈エコ-検査を受けられます。

受けてみたいなと思われる方、どうぞご相談ください。

さいとうファミリ-クリニック

便秘でお困りの方へ

若い女性、ご高齢の方を中心に「便秘」でお困りの方は多いと思います。

便秘の症状は、「排便回数の減少」と「排便困難」に分ける事ができます。

● 排便回数の減少は、概ね排便が週3回未満の場合をいいます。

● 排便困難の症状は、排便時の過度のいきみ、排便後も便が残っている残便感などがあります。

便秘のメカニズムは、ストレス、加齢などの理由で腸の動きが遅くなり、便の移動に時間がかかり、体内に余計に水分が吸収され、便が固くなるのが原因です。

他にも、大腸がんなどの病気で腸管が狭くなって便が出にくい場合や、腸の動きを遅くする薬を服用している(抗コリン薬、抗パーキンソン薬など)、糖尿病、うつ病などでも便秘になります。

便秘を改善するにはどのようにしたら良いでしょう。

①便意を我慢しない。そのタイミングを逃すと、次の便意がいつくるかわかりません。

②ストレスをためない。1日1回はリラックスしましょう!

③1日15分~20分のウォーキングを!

それでも改善しない場合には、お薬を使います。

基本は「便を軟らかくする薬」と「腸の動きをよくする薬」の2種類のお薬を使います。

便を軟らかくする薬は、以前からある酸化マグネシウムや、小腸から水分の分泌を増やすお薬があります。

腸の動きをよくする薬は、以前からあるセンナが代表です。

最近では、1剤で「便を軟らかくして、腸を動かす」といった2つの効果を併せ持つお薬も出てきています。

便秘でお悩みの方は、どうぞご相談ください。

さいとうファミリ-クリニック

 

 

 

 

正しいお風呂の入り方

いよいよ6月で、梅雨の季節になりました。

湿度が高く、ジメジメしていると体も重く感じます。

そのような時は、お風呂にはいってリフレッシュすると良いと思います。

お風呂の温度は目的によって変更してください。

〇リラックスしたい、疲労をとりたい時  → 40℃以下がおすすめ

副交感神経が優位になり、おやすみ前に最適な温度です。

〇頭をすっきりさせたい、これから仕事、勉強をしたい時 → 41~42℃がおすすめ

交感神経を刺激するので、目が冴えます。

42℃以上の温度は、脱水状態になりやすく血栓ができやすくなるので危険です。

特に高齢の方は、慢性的に脱水になっているので、入浴してうっすら汗をかいたら入浴を切り上げるのが良いと思います。目安として、約10分程度。

また入浴前にコップ1杯のお水を飲んでから入浴されると、脱水予防になります。

楽しいリラックスタイムである入浴ですが、入浴方法を間違えると「脳梗塞」「心筋梗塞」などの事故がおきることがあります。

お風呂の事故は決して少なくありません。

正しい入浴方法を守って、鬱陶しい梅雨を乗り切りましょう!

 

さいとうファミリークリニック