高血圧症、高脂血症、糖尿病などで治療を受けている方は、定期的に動脈硬化の判断をした方が良いと思います。

具体的には、首にある左右の頸動脈にエコーの端子を当てて検査します。

放射線を使用しないので、体への害がありませんし、もちろん痛みもありません。

具体的には下記を検査します。

①動脈壁の厚さを測定(1.0mm未満が正常)

②プラークの有無

③血管内腔の狭窄率

プラークにも色々と種類があって、硬いプラーク、軟らかいプラークそして、血流でピクピク動いているプラークがあります。

この中で一番危険なのが、動いているプラークで、飛んで行って脳梗塞を起こす可能性があります。

この場合は抗血小板薬を内服して頂きます。

また血管の狭窄率も重要です。狭窄が強い所(血管の内腔が狭い)は、川と一緒で流れが速くなっています。

流速が150を超える場合は、狭窄率50%

流速が200を超える場合は、狭窄率70%

狭窄率が70~80%を超える場合は、血管の内膜剥離術やステント治療を行うことがあります。

当院でも、エコー検査専門の臨床検査技師による頸動脈エコ-検査を受けられます。

受けてみたいなと思われる方、どうぞご相談ください。

さいとうファミリ-クリニック