ブログ引っ越しました。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、昨年末から「さいとうファミリークリニックのブログ」が、Wordpress に引っ越しました。

これからも、皆様のお役に立つような医療情報、クリニックからのお知らせ、私(院長)の近況 (笑)を書いていきたいと思います。

今年の個人的な目標は、フランス語会話を勉強してみたいと思います。

私は一応小学校から高校までフランス語を習い、大学の入学試験もフランス語で受験しています。当時、フランス語で入試を受けられる医学部はすごく少なくて苦労しました。

だからと言ってフランス語が話せるわけでもなく。。。

なので今年は少し喋れるようになりたいぁ。と思っております。

bou3

上の写真は昨年末の小中高の同級生4人のプチ忘年会の写真。

私以外はみんな語学が達者。商社マンの2人は、フランス語も英語も日本語と同じように話せますし、俳優の香川照之君も海外に行く機会が多いので英語、フランス語ともかなりできます。うらやましいですね。私も少しあやかりたいと思います。

それはともかく、子供の頃からの友達と会うと楽しいですね。

今年は、みんなで温泉に1泊旅行しよう!という事になりました。

あ、これも今年の目標ですね(笑)

さいとうファミリークリニック

 

寒気のする風邪に漢方薬が効果あり!

熱が出ないけれども、寒気がして、体がだるいといった風邪症状を経験した事がある方は多いと思います。

このような時はいわゆる総合感冒薬でもいいのですが、冷えた体を温めてあげる漢方薬の風邪薬が効果あります。

代表的なものは、冷えた生体を強力に温める「麻黄附子細辛湯」があります。

さらに今流行しているウイルス性胃腸炎にも漢方薬は効果あります。

倦怠感が強いが、熱も出ず、お腹も痛くありませんが、下痢があるというパターンですね。

このような冷えタイプの下痢は、温めて治すのが原則です。

冷えタイプのウイルス性胃腸炎には「真武湯」や「人参湯」が有効です。

これらの薬を飲んだ直後から、お腹が温まり、下痢嘔吐が減り、体が楽になってきます。
(プライマリケア学会誌2017 Vol2 No4より)

漢方薬は長く飲まないと効かないと思っている方も多いと思いますが、漢方薬も即効性があります。

味、匂いがどうしても苦手だという方以外は、一度試してみるのもいいかもしれませんね。

どうぞご相談ください。

さいとうファミリークリニック

年末年始の診療

12月30日(金)~ 1月4日(木)まで休診となります。
その間、急病の方は荏原医師会休日診療所にご連絡ください。

内科・小児科を対象に一次救急診療を行っています。
電話:03-3783-2355
実施日:日曜日・祝日、年末年始
受付時間:午前9時~午後9時30分
診療時間:午前9時~午後10時
住 所:品川区中延2-6-5(東急池上線「荏原中延」駅より5分)

さいとうファミリークリニック

感染性胃腸炎流行中

お子さんを中心に嘔吐 下痢の症状がでる感染性胃腸炎が流行しています。おこさんを看病しているご両親が引き続き罹患してしまうケースもあります。吐瀉物、便にウイルスがいますので、それらの処理した後は、よく手洗いすることが大切です。

特効薬はないので、吐き気止め、整腸剤を使用して経過をみます。「何を食べたらいいですか?」とよく質問をうけます。「 便と同じ形状のものがお勧めです」水様便であれば、暖かいお茶や、お味噌汁の上澄みなどの、水分のみ摂取します。

便が少し固まってきたら、初めてお粥など流動食を食べてください。嘔吐下痢の時は、基本は食事を控え、胃と腸を休めてあげる事が大事です。ちょっと良くなるとすぐに普通食に戻してしまい、また下痢になるという悪いサイクルになる方をよくみます。

しかし、脱水にならないように水分はこまめに摂取してください。

さいとうファミリークリニック

インフルエンザが流行始まりました。

今年も残すところ、あと僅かです。
当院周囲で、インフルエンザが少しづつ散見されます。
例年はまずA型が流行し、その後にB型が流行します。

しかし今年は、シーズン最初からインフルエンザA型とB型が同じ位検出されます。インフルエンザワクチンはA型が2種類、B型が2種類の株が入っており、A型B型 両方に対応しています。

まだインフルエンザワクチン在庫あります。
接種を考えている方は、年内中の接種をお勧めします。

さいとうファミリークリニック